ホーム起業/株式会社設立・役員変更・合併/合同会社/等関係

起業/株式会社設立・役員変更・合併/合同会社/等関係

起業・会社設立について

1.起業と会社設立
企業と会社設立は、ご存知のように、同じではありません。起業は、ご自分の仕事の夢、目標などを自ら実現する行動です。その方法の一つとして会社設立があります。もう一つの方法としては、会社設立などせずに個人事業主として活動する方法もあります。さらに、会社と言っても①株式会社②合資会社③合名会社④合同会社など4種類もあります。その他、会社に似た社団法人等などの〇〇法人など数多くあります。会社設立とは自分と違うもう一人の人格(法人格)を造ることで個人事業主とは根本的に違います。その意味するところは法的な部分を含めて極めて重要です。
2.起業・会社設立にあたって知っておくべきこと
皆様が起業するときに、何のために起業するのか?と考え、その実現についてはどの方法が一番良いのだろうか?と考え悩むところからスタートするとおもいます。
次にスタートの方法が決まりましたら、どんなことに注意しなければならないのかを知っておくことが必要です。人のこと、取り扱う商品のこと、お金のこと、売り方、税、社会保険などです。決して専門的でなくとも凡そのことを知ってスタートすべきです。
3.当事務所のお手伝いできること
私自身が、数社の会社経営に携わったこと、現在数社の顧問としてお手伝いさせて頂いていること、また今まで多くの会社設立などで起業のお手伝いをさせて頂いて来た経験から、このスタートの時点からご相談に応じることができることです。設立などの事務手続きを行わない限り無料です。是非ご相談いただければと思います。みな様の夢・目標の実現にご協力できることは本当に嬉しいことです。それだけに失敗だけはしてほしくないのです。ただ単に、マニュアル本どおりに定款を作成し会社設立などを事務的にやればよいと私は思っていないのです。

お問い合わせ