台東区上野 『中小零細企業の法務・融資相談.com』


費用について

起業・創業融資支援の場合

・資金調達には以下の報酬額を頂きます。
・報酬額は、「出資の受け入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律 第4条(金銭消費
   貸借の媒介手数料の制限)」に基づいていますので、報酬額等諸々の諸経費(交通費等実費
  は除く)が必要な場合があってもご費用額(報酬額を含む)は最大でも調達額の5%以内のご
  負担とさせて頂いております。

【ご費用額】
(1)ご相談
・無料

(2)着手金
・3万+消費税
・成功した場合には、成功報酬額に含ませて頂きます。
・着手金を頂いてから事務手続きに入らせていただきます。
・進捗状況は、都度ご報告させて頂きます。
・無料での業者様もおいでになられますが、ビジネスが無報酬は、仕事に対する責任と
いう意味において無理があるように考えています。

(3)成功報酬料率(着手金等全ての経費を含む)
①500万円までの部分        調達額の 5.0%
②501万円~5000万円までの部分  調達額の 4.5%
③5001万円~1億円までの部分    調達額の   4.0%
④1億1万円~5億円までの部分    調達額の   3.5%
⑤5億1万円以上の部分        調達額の   3.0%

※上記の法律を守っていない業者様を多々見受けますのでご注意ください!

他の資金・融資支援の場合

1.基本的なご提案・・・顧問契約のおすすめ!
・企業様の資金・融資支援には、企業様の経営また財務状態に応じた対応が必要です。
・起業・創業融資のように一律には行うことはできません。
・企業は、生き物ですので資金・融資問題のレベルには、様々な状態がありそれが複雑に変化していきます。また、それぞれのレベルで特徴があり、一律に同じように対応することはできないのが現実です。
<レベルA>事業拡大などで、どうしても設備投資資金・融資が必要なレベル

<レベルB>緊急時の資金・融資が必要なレベル
率直にいって、下の段階になればなるほど難易度は上がり、相当な工夫が要求されます。
・私が経営者であったころの経験から、緊急に各段階で対処療法的に個別に対応するのではなく、日頃から社長様または関係者と日常的に経営・財務・資金繰り・金融機関等のお話をさせて頂きながら社長様のサポート役としての役割をになわせて頂くのが一番良いのではないかと思います。そして、必要が生じたときには会社の一担当者として金融機関なりとの交渉させて頂くことが一番無駄がなく合理的で良い方法だと思います。
・勿論、個別の対応でも構いません。

2.顧問の場合
・顧問契約を締結させて頂くことになります。細かな日常生じる問題に対応させて頂いています。資金・融資の問題以外でも対応できることは対応させて頂いています。
・1年ごとの更新です・
・顧問料としての費用がかります。
・顧問料は、企業様の状況、企業規模、ご支援できる内容(法務支援の問題も含めて頂いても構いません)、量などによりお話し合いにより決めさせていただき経営の障害とならないようにしています。最低月額5万円(消費税別)~にさせて頂いています。
・契約内容の詳細は、お話合いで決めさせて頂いています。会社の経営状態とも相談しながらの無理のない金額で決めさせて頂いていますので、そのあたりはざっくばらんにご相談いただければと思います。
・大手事務所ではありませんのである程度は融通が利きます。

・特別な書面の作成、又は特別な対応する際には別途費用がかかります。スポットでお引き受けする際の6割程(例えば通常10万円の報酬が6万円ほど)の費用でやらせて頂きます。
当然、その時は前もってお見積りご相談させて頂きますのでご安心ください。
・いずれにしても、先ずはお話し合いで社長様と信頼関係が築けるかどうかなどの問題もあります。その後に費用の問題です。
・私も中小企業の経営者の端くれでしたので、出来る限り貴社の発展にご協力させて頂けるようにしたいと思います。

3.資金調達・融資支援が個別・スポット対応の場合
(1)基本的なご提案

・資金調達には以下の報酬額を頂きます。
・報酬額は、「出資の受け入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律第4条(金銭消費貸借の媒介手数料の制限)」に基づいていますので、報酬額等諸々の諸経費(交通費等実費は除く)が必要な場合があってもご費用額(報酬額を含む)は最大でも調達額の5%以内のご負担とさせて頂いております。

(2)ご費用額のご提案
①ご相談
・無料
②着手金
・3万+消費税
・成功した場合には、成功報酬額に含ませて頂きます。
・着手金を頂いてから事務手続きに入らせていただきます。
・進捗状況は、都度ご報告させて頂きます。
・無料での業者様もおいでになられますが、ビジネスが無報酬は、仕事に対する責任という意味において無理があるように考えています。
③成功報酬料率(着手金等全ての経費を含む)
・500万円までの部分       調達額の 5.0%
・501万円~5000万円までの部分   調達額の 4.5%
・5001万円~1億円までの部分   調達額の   4.0%
・1億1万円~5億円までの部分   調達額の   3.5%
・5億1万円以上の部分       調達額の   3.0%

※上記の法律を守っていない業者様を多々見受けますのでご注意ください!

4.リスケ(リ・スケジュール)が必要な場合
・財務状態がひっ迫し緊急を要する場合です
・急を要します。
・簡単にコンサルができない状態で、早急に各金融機関との交渉が必要になりますので、かなりの経験と交渉力が必要になります。
・社長様の状況では、もっと、大事なことをしなけれなならない場合がありますが、公に書くことはできませんので控えさせていただきます。ご関心がございましたら早めにご相談して頂ければと思います。
・この様な状況の企業様の対応もさせて頂きました。
・顧問契約に移行させて頂いても構いません。
・顧問契約にさせて頂き金融機関との交渉の立場を作ります。
・顧問契約は、月額3万円(消費税別)~で資金繰りに影響のない金額でお話し合いの上設定させて頂きます。
・リスケが成功し、効果が出始めましたらリスケ中、月額支払減少額の10%を顧問料とさせて頂きます。それも具体的な経営・財務状態などと相談しながら決めさせていただければと思っています。
・とにかく、企業の再生・再建ができれば嬉しい限りです。自ら経験していますので他のどなたよりお気持ちが分かります

お問い合わせはこちら

PAGE TOP