ホーム中小企業法務中小零細企業での業務の実際

中小零細企業での業務の実際

中小零細企業での業務の実際

1.顧問先の業種も異なりますし当事務所にも求められることも異なりますので、秘密保持に反しない程度に既述したいと思います。また、ホームページという公の場で開示できないことも多々ありますので、ご興味がございましたらご連絡いただければ差し支えなおない範囲でお話しできることもあるかと思います。次に実際に手掛けてきた又は手掛けている業務を羅列します。
2.業務の実際
(1)契約関係
・契約書の作成
・相手方が提示してきた契約書の中身の精査
※契約書のひな型が世の中には沢山出回っていますのでそれで十分かと思っている方が
多いいのではないでしょうか?結論的に言うとある程度参考になりますが、決して十
分ではありません。何故でしょうか?
(2)売掛金関係
・未収金の対応
・未収金の回収
・相手方との対応
※回収方法と回収が一番問題になりますね。
(3)資金繰り関係
・融資
・補助金
・銀行対応
・リスケ
(4)会社(子会社を含む)の組織編制
・合併(1:1、1:数社など)
・分割
・事業譲渡
・株式譲渡
・増資
(5)外国人の採用(入管手続き)
・新卒の採用など(韓国、中国、バングラディッシュなど)
(6)業許認可
・化粧品製造販売業
・高度管理医療機器製造業登録、高度管理医療機器製造販売業許可、QMS適合性調査、高
度管理医療機器販売業許可
(7)事業整理
・銀行交渉
・リスケ
・破産手続き、民事再生手続きの弁護士とのインターフェース
(8)会社の内外のトラブル相談
・労働問題
・消費者との問題(特商法関係)
・内容証明が送られてきた事に対する対応
・内容証明の作成
・訴訟したい
・訴えられた事への対応

まだまだありますが、この位にしておきます。みな様の会社で起きるであろうことはほぼご相談に乗れるかと自負しています。




当事務所にご興味があれば・・・・

お電話はこちらへ
お問い合わせ