各種費用について

報酬の目安

1.報酬の目安
・ここでは、費用のうちで報酬の目安(消費税別)をお伝えします。
○行政書士に対して業務依頼したときの費用は、報酬+実費からなります。
○実費は=官公署に対する手数料、法定費用、通信費、交通費などで、ご自分でされても必要になる費用です。
○報酬については、各行政書士により異なります。当事務所の報酬は、業務の難易度、業務量=作業時間などを中心に算定して決めさせて頂いています。
※他の事務所より安ければよいとの考えは全く持っていませんので価格だけでお考えになられる方は、他事務所と比較検討したうえでご相談頂ければと思います。
○当事務所の報酬には、ご相談料、23区内の移動交通費、日当も含まれています。
※23区内を超える場合には交通費等の実費、日当などご相談の上別途必要になります。
○作業内容により増減いたしますが、代表的なものを次に列挙いたしました。基本的には『お見積り』をさせて頂きますので、『お見積り』にて最終ご判断をして頂ければと思います。

2.お支払い方法
○ご依頼時に全額前払いにてお願いいたします。
○途中キャンセルされる場合には、報酬額の半額と実費残金全額をお返しさせて頂きます。
※途中キャンセルはもめ事になりますのでできるだけ避けていただきたいと思います。

3.業務の種類、報酬(消費税別)などの目安
【内容証明】
①報酬・・・3万円~
※当事者が1対1の場合で、内容が単純なもの、2頁以内で済む程度のもの
※同一文書を2人以上に送付する場合には、一人につき5000円加算させて頂きます。
※相手方が転居等で住所が不明な場合に職務上請求により調査が必要な時には、5000円加算させて頂きます。
※相手方が死亡により相続が発生している場合の相続人調査が必要な時には、5000円✖相続人数を加算させて頂きます。
②成功報酬・・・報酬以外に経済的利益の2%~10%の成功報酬を頂く場合があります。
※該当する場合は事前にお伝えしお見積りさせて頂きます。
※経済的利益とは=内容証明を出したことの効果として、具体的な金銭的な利得を得た場合です。《例えば》300万円の貸付金の返還を催告したところ、300万円の返済がなされた場合等です。
※経済的利益が300万円以下の場合・・・・・3%
※経済的利益が300万円超~1000万円・・2%
※経済的利益が1000万円超・・・・・・・・1%

お問い合わせ